kotlinによるif文の書き方のサンプル

 いろいろ説明されるより、単純に多くの記述サンプルがあったほうがいいんじゃね?ということでif文の書き方のまとめ。


//if文 通常のif文の書き方
if (1 == 1) { test1 = "true1" } else { test1 = "false1" }

//if文 1行の場合は波括弧を省略可能
if (1 == 1) test1 = "true2" else test1 = "false2"

//if文 if文は値を返すことが可能 なので三項演算子がない
var test1 = if (1 == 1) "true3" else "false3"